2013.09.18〜21の三日間にかけて東京ビッグサイトで行われた東京国際福祉機器展H.C.R2013(株)オフィス清水ブースの出展レポートが、スウェーデン・オートアダプトABディーラーニュースに掲載されました。オートアダプトABディーラーニュースは世界中のオフィシャルディーラーに配布されており、日本の動向は特に注目されています。

“HCRは、日本で最大規模の福祉機器展であり、毎年500以上もの企業が最先端の技術・製品の展示、説明会を行っています。オートアダプトのパートナーであるオフィス清水は、前年に比べ2倍のスペースを用意。一度の展示会でのオートアダプト製品展示数はオートアダプトにとっても過去最多数となりました。

今年は後付け回転シートのターニーエヴォ、ターニーオービット、ターンアウトを二台、そして着脱式車いす移動システムの”カロニークラシック”を二台、ハンドコントロールの”カロスピード・メノックス”、車いす収納装置のカロリフト40など、多彩なラインアップで、来場者を湧かせました。そしてドライバーテストステーションには、テストを試してみたい来場者で終わりの無い列ができあがるほどでした。

 日本という大きな市場の中で、目覚ましい働きをしているオフィス清水にとても感服しました。” -Ola Winsnes