私の前職は、コンピューターのシステムエンジニア。
いわゆる、SEってやつでした。
25歳位の時に友人と一緒に起業して、特に金融系のお仕事が多く
銀行や証券会社さんのシステムを手掛けておりました。

ですので、自動車整備士の資格を保有してる訳でもなく営業の
スペシャリストでもありませんでした。

自動車自体は父親の影響もあり、子供の頃からモーターショー
に連れて行ってもらったり、カー雑誌などを見ていた環境から大好きでした。
当時水道屋さんを経営していた父親は、日産党で自家用車は
ハコスカ→ケンメリ→ジャパンとスカイラインを乗り継いでいたように
思います。仕事のトラックも日産だったような・・・

自分は、ミニカー・プラモデルというとシボレーコルベットスティングレー
しか買わないってくらいなぜか、コルベットが好きでした。
あのフロントフェンダーの盛り上がりが、好きだったように思います。

ある日、地元の先輩から起業の相談があり内容を聞いて見ると
「身体障害者の方々が自動車を運転できるようにするための部品を
取付する会社を設立するんだけど手伝ってくれない?」と。
私は、「はぁ?何それ?」カタログ見せられてもさっぱり、ましてや
車いすマークなんてまったく意味がわかりませんでした。

でも、自分の身体のどこかでなんらかのスイッチがONされたんでしょうね。

起業の手続きと総務事務に限定して、お手伝いする予定だったのですが、
このお話を頂いて数日後には起業していたコンピューター会社の自分の権利を
他の人に譲り、コンピューター業界から足を洗う準備をしていた自分がいました。
まぁ、自分の能力的にも限界を感じていたんでしょうね。頭悪いから。

この仕事の勝算など、まったく考えずその会社に移籍しました。

そんなこんなで、この業界にお世話になることなりました。

The following two tabs change content below.
清水深
どなたでも快適なカーライフをお過ごし頂けるように 自動車を改造することは決して特別なことではなく、必要なものを補う(アダプテーション) と言う信念で日々取り組んでおります。