イタリア製アクセルリング&ブレーキレバーシステムでおなじみのKIVI本社への定期研修を2016.1.31~2.04にかけて行い、今年はKIVI社のパートナー企業である株式会社オフィス清水から2名参加しました。

本定期研修はKIVI製品における専門トレーニングを毎年受けることで、常に最先端の技術力・知識を共有することが目的であり、一度トレーニングを受ければ良しとしない、KIVI社の強い拘りとクラフトマンシップを感じることができます。

KIVI社は1995年の設立以来、その高い技術力と豊富な知識・経験でイタリア本国だけでなく、ヨーロッパ、そして南米において、”運転”におけるスペシャリストとして様々なドライバーへのソリューションを生み出し続けており、2016年4月にはKIVIブラジルのオープンを予定しています。

日本国内では2015年の国際福祉機器展H.C.R2015の株式会社オフィス清水ブースにて、正式にKIVI社の主力製品アクセルリング&ブレーキレバーシステムを発表しました。

 

KIVIはイタリア・アスティに本社を置き、その広大な敷地内にオフィス、ショールーム、トレーニングルーム、そして製品の取り付け作業や各テストを行うワークショップが全て揃っています。本社の周りには製品の試走が可能なコースも有しており、まさにワンストップショップの理想形です。


ワークショップにはアクセルリング&ブレーキレバーシステムなどのハンドコントロール取り付けを待っているクルマたちが並んでおり、ブレーキレバーの型取りや製品の試作、各テスト行うブースも充実しています。後部ドアから車いすのまま車内へ乗り込み、車いすのまま運転を可能にするイーモーションシリーズもここで製作されています。

レポート2へ続く

KIVI製アクセルリング&ブレーキレバーを詳しく知る>>
アクセルリング&ブレーキレバー実例を見る>>