aalogo

ターニーLV  NEW!!

スウェーデン・オートアダプト製
セダン・スポーツカー向け後付け全自動回転シートシステム

¥1,183,000〜 +税
※上記価格は取付技術料を含みます。

お近くの認定アダプテーションパートナーを探す

クルマの環境に合わせて
ターニーLVはクルマの環境に合わせてシートの軌道を設定することができます。

lv_image1
lv_image2

あなたが選んだクルマに ※一部車種を除く

ターンアウトは様々な車種に取り付けできます。新車はもちろん、今お持ちのおクルマにも取り付けることができます。

 

 

 

トヨタ車適合表  メルセデス・ベンツ車適合表  BMW&MINI車適合表  フォルクスワーゲン車適合表

セダン・スポーツカーなどの運転席・助手席を回転シートに

ターニーLVは専用シートを車外に回転させて乗り降りをサポートする電動回転シートです。
本製品はセダンやスポーツカーなど、車高の低いクルマに最適です。

膝下のスペースに余裕を

一般的な回転シートは前方に回転していくだけですが、オートアダプトが新たに開発したReXtension™機能により、ターニーLVは約45度回転後、一度シートを後方へ下げることで膝下のスペースに大きな余裕を持たせることができます。

rextension

4°の魔法

回転シートは車体に対して平行に取り付けられていることが殆どですが、実際にはクルマのシートはヒップポイントに向かうにつれて低くなっていきます。
ターニーLVはシートが後方へ4°傾いているのでオリジナルシートと遜色無い座り心地と、シートを回転させた際に頭のスペースが最も余裕のある位置に来るので、乗り降りもしやすい最もバランスの良い回転シートシステムです。

オートアダプト製回転シートの特徴

車体への加工を必要しない取り付け
オートアダプト製回転シートの取り付けの際に車体に穴を開けることはありません。オリジナルシートを戻せばクルマは回転シート導入前に復帰が可能なので、下取り査定に響きません。
移設が可能
オートアダプト製回転シートシステムは、買い替えたクルマへの移設が可能です。(別途取り付け技術料、ブラケット費用がかかります。)
保安基準適合書類が付属
オートアダプト製回転シートシステムには必ず国内保安基準適合書類が付属します。製品の取り付けは認定技術者を有するパートナー店に限ります。

シンプルな操作方法

ターニーLVはターニーエヴォと同型の専用コントローラーのボタンを押して操作します。

ターニーLVについて

・国産車 / 輸入車を問わない取り付け※
・運転席 / 助手席を問わない取り付け※
・車体への加工を必要としない取り付け
・クルマを回転シート取り付け前に復帰が可能※
・クルマの環境に合わせて回転の軌道を設定
・4°後方へシートが傾斜
・認定技術者による取り付け
・国内保安基準適合書類付属
※一部車種を除く
※パーツのみの販売は行っておりません。

オートアダプト製回転シートシステムについて

・クルマのオリジナルシートはオートアダプト製回転シートとして使用することはできません。
・クルマのオリジナルシートのポジションと位置関係が変わる可能性があります。
・シートベルト一体型のシートポジションへの取り付けはできません。
・本製品の取り付けは株式会社オフィス清水の認定を受けた技術者に限ります。
・本製品のパーツのみの販売は行っておりません。
・回転シートシステムの乗り降りの環境はユーザーの体力や体格によって異なります。

取り付けまでの流れ

1.お問い合わせ
お近くのアダプテーションパートナーに、実際に製品を使用するユーザーの身体状況や困っている事を伝えて下さい。 取り付け希望の車種があれば車種名・年式・グレード、利用中のクルマであれば車検証のコピーを準備頂くとスムーズな相談が行えます。

2. 実機体験
お近くのアダプテーションパートナーにターンアウトの実機デモの予約を行います。 すでに取り付けを希望するクルマをお持ちの方は実機デモ当日に取り付け希望のクルマでお越しください。 事情により店舗への来店が困難な方はアダプテーションパートナーに相談しましょう。

3. 実車確認
希望のアダプテーション内容がその車種で可能かどうか、認定技術者が実車確認を行います。 アダプテーションの内容・車種によっては希望に添えないものもあります。

4. アダプテーションの方向性を決定
認定技術者による実車の確認後、最終的なアダプテーションの方向性を決定します。 新たにクルマを購入される方はこのタイミングでクルマと製品の購入手続き、助成金等の申請準備を開始します。

5. 取付け位置の確認
認定技術者による実車と取付け位置の確認を行います。 取り付け位置の確認の際は視覚的ではなく、感覚を重視して希望とする取り付け位置を見つけましょう。

6. 回転シートシステムの取り付け
クルマをお預かりして(約5営業日〜)認定技術者による回転シートシステムの取り付けを行います。 お預かりの日数はアダプテーションの内容によって異なります。

7. 操作説明・ 納車
回転シートシステムの操作説明を行い、特に問題が無ければクルマをお引き渡しします。

8. 調整
製品によっては取り付け後に調整が必要な場合があります。 操作に違和感を感じたり使用中に気なる点がある場合は必ず取り付けを行ったアダプテーションパートナーにご連絡ください。

よくある質問

Q.オートアダプト製回転シートのメリットって何?
A.
オートアダプト製回転シートは車種専用品ではなく、輸入車など、回転シート設定の無い車種への取り付けが出来ることが大きなポイントです。

Q.デメリットは?
A.
・車体オリジナルのシートを本システムのシートとして使用することができないため、車種によっては他のシートとの一体感が失われてしまう恐れがあります。
・取り付ける車種によっては回転シートの取り付け位置や高さがオリジナルシートと比べて多少変わることがあります。

Q.車検は大丈夫なの?
A.
本製品の取り付けは認定技術者のみに許されており、本製品には必ず国内保安基準適合書類が付属します。

Q.どのクルマにも取り付けられるの?
A.
車種によっては物理的に取り付けが不可能なものと、取り付けは可能ですが、ユーザーの身長や体格によっては使用環境が非現実的な場合もあります。
取り付けする車種を決定する前に必ずお近くの認定パートナーへご相談ください。

Q.わざわざターニーLVを選ぶメリットって何?
A.
ターンアウト / ターンアウトEは決まった動きでしかシートが回転しないため、車種によってはどうしてもダッシュボードと膝下の距離が近くなりすぎてしまう場合がありましたが、ターニーLVのプログラミング機能とシートを一度後方へ下げるReXtension™システムを活用することで、狭い環境のクルマにも”使える”回転シートを取り付けられるようになったことが本製品の大きなメリットです。

Q.回転シートの取り付け位置はは低ければ低い方がいいの?
A.
ユーザーによっては膝を曲げることが困難な方もいるので、一概に低ければいいという問題ではありません。逆に回転シートをあまり低い位置に取り付けてしまうと、車内での目線の高さも低くなってしまうので、乗り降りと車内環境のバランスを見つける必要があります。

Q.部品だけで購入はできますか?
A.
本製品の取り扱い・取り付けは認定技術者を要する認定パートナー店舗に限ります。

Q.取り付けには車体に穴あけが必要?
A.
不要です。車体オリジナルのシートボルトを使用して取り付け行います。車種によってはドアの開きを広くする加工などをすると乗り降りしやすくなる車種もあります。

関連製品


ターンアウト
コンパクトカー・セダンなどの助手席に取り付けできる回転シートシステム

ターニーエヴォ
SUV・ミニバンなどの助手席・セカンドシートに取り付けできる回転シートリフトシステム

カロニー
シートに座ったままクルマの移乗が可能ななる車いす回転シートシステム